包装資材(パッケージ)の販売、特注品の植北パッケージの工場で出来る袋の紹介ページです。

HOME >> 会社情報 >> 工場で出来る袋

袋の種類

弊社では、OPP,CPP,ラミネート等のフィルムをサイドシールにて加工した袋を作っています。

平袋

植北パッケージ工場 写真 平袋 イメージ

テープ付袋

テープ付袋 イメージ

※黒の太線は、テープです。

ヘッダー付袋

フック穴の付いたつり下げるタイプの袋です。

ヘッダー付袋 イメージ

Aタイプ=商品を袋下部分から入れます。
Bタイプ=商品を上から入れます。

変形ヘッダー付袋(Aタイプ)

(ヘッダー下部分WGZ加工可)

少し厚みのある商品を入れるのに適しています(弁当箱など厚みのある物)。

変形ヘッダー付袋(Aタイプ) イメージ

底ガゼット袋(テープ付袋、ヘッダー付袋)

(底部分にマチを入れます)

ガゼット巾に関しましてはお問い合わせ下さい。

底ガゼット袋 イメージ

ミシン目、ノッジ、穴あけ、コーナーカット

ポケット付、ブックカバー、仕切り付、小判穴加工などが出来ます。

底ガゼット袋 イメージ

ブックカバー 帯、テープ付

ブックカバー 帯、テープ付 イメージ

ブックカバー 両サイドポケット付

ブックカバー 両サイドポケット付 イメージ

仕切り線入り、2本テープ付、小判穴 イメージ

その他、極細袋、三角袋

袋底強化フィルム付などの加工が出来ます。

詳細はスタッフまで、

袋のサイズについて

最小、袋巾25ミリ、長さ、最小40ミリ、最大400ミリまでの袋が出来ます。

最少袋サイズ1 イメージ

最大、袋巾600ミリ、長さ700ミリの袋の加工が可能(テープ付、ヘッダー付も可)。

最大袋サイズ1 イメージ

袋の素材について

耐衝撃性、重量物対応袋(3層袋)

弊社では、軽包装用の他にも、破れにくい素材の袋も提供させて頂いております。


ポリプロピレン樹脂製の袋は、透明度が良くコシがあり見栄えの良い袋です。

反面、袋の口部分が破れやすい、衝撃性に弱いという欠点もあります。


そこで、弊社ではオールシーズン、破れに強い袋をご提案致します。


OPP

透明度は良いが、袋口部分が避けやすい。


CPP

シール強度は良いが、冬場に破れやすい(5度以下は×)。


3層フィルム

弊社の3層フィルムは、OPPには劣りますが、透明度も良く抜群のシール強度を保ち、衝撃性にも強い袋です。
素材が柔らかい欠点はありますが、破れに強いのは魅力的です。

厚みのある商品にも対応、マチ付きにもグッド!!
また、平袋、テープ付、ヘッダー付などOPP,CPPで出来る同じ形状の袋が出来ます。

ポリエチレンにも負けない強度があります。


植北パッケージ袋 写真

弊社では、A-4テープ付のサンプルもご用意しております。

お気軽にお問合せ下さい。

弊社取り扱いテープ

のりテープ <約10㎜巾>

のりテープ 写真

接着剤原液に溶剤を混ぜて使用する一般タイプ。

剥離テープは静電気防止タイプを使用。
弊社規格品は、このタイプです。

RT(再剥離テープ) <約4㎜巾>

RT(再剥離テープ) 写真

弊社では、剥離紙に印刷入りのタイプとアルミ蒸着(銀)の2種類がございます。
一度開封しても、粘着が移行しにくいので、貼り直しが可能なテープです。

静電気防止タイプ。

ホットメルト <約10㎜巾>

ホットメルト 写真

無溶剤で環境にやさしい接着剤です。
固形接着剤を溶かすタイプ。
封筒や、食品関係に活躍しています。
袋両端の粘着部分を外す事が出来ます。

剥離テープは静電気防止タイプ。

その他のテープ

強粘着両面タイプ、セキュリティータイプなど。
(詳細はお問合せ下さい。)

在庫フィルムについて

フィルム 写真

OPP
30μ、40μ、50μ

CPP
30μ、40μ

3層フィルム
40μ、50μ

OPPとは

2軸延伸ポリプロピレン(Oriented Polypropylene)の略称でオーピーとも呼ばれています。フィルムを縦横2方に延伸し、引っ張っても殆ど伸びませんが、透明度は抜群で、軽包装品に最適です。

OPPの特徴

透明度が良く艶があり、コシがありひっぱり強度も強いフィルムです。
質感はパリっとした硬い素材です。
開口部の付近のシール強度は多少弱く、商品を入れる際、扱いには注意しましょう。

軽包装向き

衣料品、アクセサリー、文具(フィルム封筒、ハガキ、ポストカード、写真)ブックカバーなど。

CPPとはとは

未延伸フィルム(Cast Polypropylene)の略称でシーピーとも呼ばれています。見た目はOPPより少し劣りますが、粘りのあるフィルムです。

OPPの特徴

透明度はOPPにやや劣りますが、ヒートシール強度が強く、ガゼット(マチ付)袋に適しています。
質感はOPPより柔らかい。
衝撃性に弱く、低温(約5度未満)に弱いフィルムです。
冬季には不向きです。

中軽包装向き

衣料品、アクセサリー、フィルム封筒、ブックカバーなど。

CPP共押しフィルムとは

CPPの上級フィルムです。3層になっている。

OPPの特徴

透明度はOPPにやや劣りますが、ヒートシール強度が強く、ガゼット(マチ付)袋に適しています。
開口部の付近のシール強度もあるのも特徴です。
質感は柔らかいOPP、CPPより柔らかいですが、抜群の強度があり多層構造の為、衝撃性にも強く、寒冷地にも対応が出来、四季を通じて活躍しています。

重軽包装向き

厚みのある冊子類、アパレルなど。

規格袋・準規格袋 植北パッケージ
その他包装資材 包装資材 植北パッケージ
オーダーメイド 植北パッケージ
アウトレットコーナー
OPP袋超速コース 植北パッケージ
OPP袋 数量限定コース 植北パッケージ
無料サンプルのお申込み
お客様の声
工場のご案内

Information

▲ページの先頭へ