■その他製品の豆知識
当社では、取扱い商品の中で皆様が日頃より疑問に思われている部分をできる限りの範囲でご説明させていただきます。そんな中当社既存顧客様より喜ばれた豆知識を教えるコーナーを作成してみました。
色の表現方法(別注品を作るにあたって)

少しややこしいお話しですが、色の表現方法には代表的な二種類があります。

R・G・B

R=Red(レッド)、G=Green(グリーン)、B=BLUE(ブルー)とそれぞれの頭文字をとって呼ばれます。
色彩学的に言えば色光(光)の三原色と言います。
主にパソコンのディスプレイやテレビのモニターなどが代表的なものです。

C・M・Y・K

C=Cyan(シアン)、M=Magenta(マゼンタ)、Y=Yellow(イエロー)、K=(黒)
CMYだけだと黒を美しく表現できないためにK(黒)を使用します。
色彩学に言え色料(色)の三原色と言います。
主にオフセット印刷などが代表的なものです。

色の表現方法に上記のような種類が混在する事によって様々な色にまつわるトラブルが発生します。
近年特に多いのが、パソコンやデジタルカメラ画像作成ソフトなどが普及し、お客様自身がデザインされたものを入稿される方が増えてきましたが、その時によく「イメージの色と違う」という問題が発生します。
ではなぜイメージ通りに発色しないかといいますと、原因は次の場合が多いです。


@入稿されたデータの色データが「RGB」データで作られている。

Aインクジェットプリンタを使って印刷してきたものをイメージしている。



ではなぜ@、Aが原因なのかを簡単ですがご説明いたします。

原因@
先ほど文頭でお話しいたしましたRGBとCMYKの説明を思い出してください。
通常は業務用印刷機での印刷データはCMYKのデータで表現します。印刷版はカラー分解後CMYKデータにて作成いたしますので印刷は通常CMYKで印刷いたします(カラー印刷の場合、特色印刷は除く。)。
しかしCMYKはRGBと比較すると色の表現領域が狭いためにどうしても色がくすみがちにでてしまいます。





CMYKデータ(上)とRGBデータ(下)の比較

原因A
インクジェットプリンタとオフセットなどの業務用印刷機ではインクの種類が違うためです。
インクジェットプリンタは染料インクを使用し、印刷機は顔料インクを使用します。
わかりやすく言いますと、染料インクは紙に染み込ます方法に対して顔料インクは紙の表面に付着させます。紙に付着させるということはインクが完全に「混ざらない」という事になります。
言い換えると混色の色が悪い、濁った感じになるということです。

この二つが色のトラブルの主な原因となっているようです。
どうしてもほぼ忠実に色を再現したい場合は、本刷校正や色校正で確認をしたり、色の鮮やかな特色インクをおすすめします。ただし別途予算が発生し、納期の延長などの注意が必要になってきます。
また入稿時には必ず出力見本「色見本」(DICなど、打合せ時に必要であれば当社より持参いたします。)を添付するようお願いいたします。
いずれにしましても最初の打ち合わせのときに色についてしっかり話し合い、データの確認をしっかりすれば満足に行く印刷物が仕上がると思われます。
別注袋もコース色々!
大阪市生野区田島5-23-34
  このサイトを正しく表示するにはMacromedia Flash Player Ver5.0が必要となります。最新のFlash Playerをインストールすることをオススメします。